【1日目】青春18きっぷで一人旅、中国地方一周編(〜岡山県)

実は「旅」が大好きで、学生時代から日本各地を飛び回ってきた。

一人でも、複数人でも、本当に色々な旅をしてきた

でも、このブログではなるべく人のためになるような事を書こうと思って、自分の個人的趣向である「旅」にそっと蓋をしていた。そのままなんだかんだで30記事書いて、ついでにこのブログの今後のあり方を見直すことに。結果、自分の好きなブログを書こうと決めた。自分のためになるブログが、きっと、少なくても、何人か、見知らぬ人のためになるんだろうと思った。

初めての1人旅


今年の夏。カメラと服をリュック1つに詰め込み、家を出た。今回は、青春18きっぷで1人旅

初めて18きっぷで1人旅をしたのが大学2年生の時。旅にどっぷりとはまり込んだきっかけになった旅である。10年間住んだ故郷高知県に、引っ越したぶりに帰るため東京から何も調べず飛び出した。初めての1人旅は一生モノの思い出として残るもので、また機会があればその時の事も記事にしていきたいなと思う。

18切符の一人旅はこれまで3回。四国、東北、九州旅。複数人でも3回使っているので合わせて6回使用。

今回の目的地は中国地方

毎回向かう地方を決めたらあとはノープランで出発する。乗る電車も、泊まる場所も。ぼーっと電車に乗りながら、あっと気になった駅に降りてみるのも、中々に乙なものである。

1日目、とりあえず出発。

愛知県を出発し、岐阜県、大垣駅についた。「西への玄関口」として知られる大垣駅は、四国へ旅した際にも通った思い出の駅である。水が綺麗な事で有名で、駅前には水まんじゅうなる出店が並ぶ。

大垣駅を出発して、西へ向かった。滋賀県を抜けると京都、大阪、兵庫の都会ゾーンに入る。一気に人も増えるので、席に座れないとかなり長い事立ちっぱなしになる。今回もそうだった。

舞子駅で降りる。

何時間か立ったまま、たどり着いたのは舞子駅。なぜ降りたかというと、駅から少し歩いた所に「明石海峡大橋」がある。

明石海峡大橋の下側に入ることが出来た。

済んだ空と白い雲、景色の色が記憶に残る、爽やかな駅だった。

山陽本線で、岡山県倉敷駅に向かう。

先ほどとは打って変わって、一気にのどかな風景が続く。こんな景色をずっと見ながら、ぼーっと電車に揺られる。何を考えても良い。この贅沢な時間を、ゆったりと楽しむ。

倉敷駅に到着。

倉敷駅には、有名な「美観地区」がある。すっかり日も暮れ、夜の艶やかな良い雰囲気になっていた。

川船流しが有名。船頭さんの小気味良い案内とともに、ゆったりと舟で回る。

今と昔が共存する美観地区。初めて訪れたが、夜の街は夏でも涼しく静かな時間が流れていた。

1日目はここまで。ここから中国地方をどう回ろうか、そんな事を考えながら、眠りについた。


2日目はこちら

使用カメラとレンズ。

カメラ:Sony a7iii
レンズ:Tamron 28-75mm f2.8

by
関連記事

コメント1件

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です