【4日目】青春18きっぷで一人旅、中国地方一周編(島根県〜山口県)

3日目はこちらから

4日目スタート、目指すは島根の世界遺産。

旅も後半、島根県まで来たところ。松江駅を出発し、大田市駅へと向かう。

次なる目的地は、島根県が誇る世界遺産、「石見銀山」である。

追想:電車に揺られながら

松江駅から出雲市駅で乗り換え、大田市駅へと向かう。約2時間程、電車に揺られていた。

山陰本線ともなると、「遠いところまで来たなぁ」という実感が湧く。電車での一人旅の醍醐味は、「自らの非日常」と「そこに住む人の日常」が混在している事だと思う。中学校の現代文の試験で読んだ小説に、そんな事が書かれていた。旅の経験が無い自分でも、何か心に残るものがあった。当時こそ良く分からなかったが、今になって身に沁みる。

カタカタと揺れるこの電車を、ぼんやりと俯瞰してみる。

どんなに遠いところに来ても、そこに住む人がいる。この電車を、日常生活で当たり前に使う人がいる。今電車に乗ってきたこのおじいさんは、きっと毎日この駅から乗って、毎日どこかの駅で降りる。この電車に乗っている人は、皆それぞれにその人の人生があって、今ここにいる。そんな中にポツリ、旅をしている自分がいる。

小休憩

大田市駅に着いた。ここからはバスで石見銀山に向かうのだが、お昼時だったので、まずご飯を食べることに。とりあえず駅のコインロッカーにいらない荷物を入れ、出来るだけ身軽にした。

駅を抜けると、夏の青空。ふと周りを見渡すと、小さな喫茶店があった。

地元の図書館や公民館に付随している、小さな喫茶店。お昼のメニューはとても充実している。お腹が空いていたのでトンカツ定食を食べた。

バスに乗り、石見銀山へ

大田市駅前のバス停から、バスに乗って石見銀山へ。道中、のどかな景色が続く。乗っているお客さんは、自分以外に子供1人。地元の子だろう、途中で降りてしまった。

お盆シーズンの世界遺産とは思えない、自分が独り占めしているこのバス。需要と供給が合ってないけど大丈夫かなどと心配しつつ、石見銀山に到着した。

降りると同時にいっぱい人が乗車、帰りのバスはほぼ満員となっており少し安心した。

石見銀山までは、電動自転車で向かう

バスで降りたところには、貸自転車屋がある。実は石見銀山の洞窟部分までは、それなりに距離と傾斜があるので、自転車で向かう。歩いてもいいが、軽いトレッキングを1時間弱程行うことになるので自転車が懸命だと思う。石見銀山は近辺の街並みも大変綺麗なので、それを周るにも自転車があると大変楽である。

時代は進歩しており、「電動」自転車を貸し出してくれる。これなら急な坂でも全然大丈夫。

自転車屋さんは結構混んでいて、20分ほど待った。次々とお客さんが帰ってくるので回転は速い。

お店の人にルートの説明や電動自転車の使い方を軽く聞いた後、いざ石見銀山へ向かう。

基本的には山間の坂道を登り続ける。これは電動自転車じゃないと大変だなぁと思いながら登る。こぎ続けて15分程だろうか、石見銀山の坑道に着いた。この鉱山の堀口のことを、「間歩」というらしい。ここは龍源寺間歩。石見銀山の中で、唯一常時一般公開されている間歩である。

12℃。中はとても涼しい。
かなりの建物が山中にあるようで、廃墟マニアには垂涎もの。

帰り道は、街並みを抜ける

帰りはずっと下り坂なので、電動は付けずブレーキをかけながらとお店の人が言っていた。

ゆっくりと来た道を下り、元の場所に戻ってきた。石見銀山のもう一つの観光スポット、大森の街並みを走ってみる。

この大森地区には、江戸時代の武家屋敷や代官所跡、石見銀山で栄えた豪商・熊谷家住宅など、歴史的な建造物や文化財が当時の面影を残している。

石見銀山から帰還

一通り観光した後、またバスに乗って大田市駅に戻った。電車までしばらく時間があったので、お昼に行った喫茶店でコーヒーを飲みながら暇を潰していた。

大田市駅→新山口駅

ここからは長旅。7時間程ずっと電車に乗る。

明るいうちこそ外の景色なんかを眺めていたものの、日が暮れてからはprime videoを見たり、ゲームをして時間を潰していた。街灯なんて存在しない山間をずっと進むので、旅慣れしていると自負している自分でも少し不安感を覚えていた。こんなところの適当な駅でパッと降ろされようもんなら、確実に精神が崩壊してしまうような雰囲気を持つ真っ暗な駅ばかりだった。(時々Google mapを見たりしていたけど、本当に駅周りに何もなかった)

無事、新山口駅に到着

新山口駅に着いて、安心感が押し寄せてきた。それと同時にぐっと疲れが。新山口駅はとても綺麗で、人がいる安心感をただただ感じていた。

新山口駅、とても綺麗。

駅前のホテルに宿泊し、せっかく山口に来たのだからと日本酒を飲んで眠りについた。山口といえばフグも有名だが、去年九州へ18切符で旅行した際に下関駅で食べたので今回は無し。

最終日はこちらから

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です