【iPhone11】古いiPhoneの下取り方法。「Apple Trade In」の手続きって?

最近、iPhoneの記事ばかりだなぁと思いつつも、本日も。

iPhone11を買った。と同時に、前まで使っていたiPhoneは下取りに出す事に。Appleに古いiPhoneの状態を見て査定してして頂き、その金額が新規購入代から差し引かれるという仕組み。

下取りに出すって言ったって、iPhone11は「自宅に配送」にしているのに、どうやるんだろうと少々不安になっていた。

iPhoneを持ってきてくれた配達員さんに渡すのかなぁ、なんて事を考えていたけど、そんな事は無かった。実際に先代iPhoneを下取りに出すまでの流れを、今日は纏めていきたい。

iPhone11が届いてからiPhone7を下取りに出すまでは、時間の余裕が有る。

まず、新しいiPhoneを買った時の、古いiPhoneの下取りの手順を説明する。

  1. 新しいiPhoneが届く
  2. 後日、下取り回収用のダンボールが届く
  3. Apple宛に発送

この3stepとなる。

特に注意するべきポイントは、新しいiPhoneが届いてから、下取り用ダンボールが届くまでには時間の余裕が有るという事。つまり、iPhoneが届きました、では「すぐに古いiPhoneを回収します」って事にはならない。

実際私の場合、iPhone 11が届いたのは9/30, 回収用ダンボールが届いたのは本日10/5であった。実に5日間のタイムラグがあったのである。

実際に下取りに出すまでの手続き

1. 配送に必要なセットが入った荷物が届く。

下取りの第一歩として、こんなダンボールが届く。

中には

・デバイス送付マニュアル
・申込内容確認書
・着払い送り状
・箱、緩衝材(プチプチ)

が入っている。

【注意】箱は送られてきたダンボールをそのまま使う形になるため、雑に開けないように気を付けよう。

まずは中身が全て入っている事を確認する。あとはマニュアルを見ながら手順通り進めて送り返せばOK。やる事は簡単で、

この3点。「署名して」、「入ってるプチプチにiPhoneを入れ」、「送り状を貼り付けて送る」だけ。営業所に直接持っていくか、集荷に来てもらう事でAppleに送る。

あとは査定結果を待つのみ。さて、いくらになるだろうか、楽しみである。

【メモ】
下取りに出す際、iPhoneの中の個人情報を全て初期化しておく必要がある。マニュアルに方法が書いてあるのでキットが届いてからでも全然大丈夫だが、あらかじめやっておくとスムーズに発送できる。詳しくは下のページに書かれているため、参照されたい。

Apple – iPhone、iPad、iPod touch を売却、譲渡、下取りに出す前にやっておくべきこと
https://support.apple.com/ja-jp/HT201351

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です