【運営】ブログ初心者が、とりあえず100記事書いてみた。

ちょっと前まで、ブロガーの目指すべき壁として

「とりあえず100記事書いてみる」

といった事がよく言われていた。

自分自身ブログを始めた当時は100記事なんて遠い話だと思っていたが、この記事でなんと100記事目。飽きっぽい自分がここまでやって来れたのも少し信じられないが、実際に100記事を書いてみてどうなったのか、まとめていきたいと思う。

【運営】ブログ初心者が、とりあえず100記事書いてみた。

100記事書いた時の、PV数や収益は

100記事到達にあたりかかった期間は約3ヶ月
なるべく1日1記事を意識してここまでやってきた。

100記事書いた時点でのPV数、収益はというと、始めた当初から全く変わっていない。PV数が伸びたり、収益が爆増したり、そんな事は一切無い。

ブログが成長するから、100記事を書いてみるというのは早計かもしれない。

100記事書いたのは、無駄だったのか

では、100記事書いたのは無駄だったのかというと、全くそんな事はない。

100記事も書けば、ブログの書き方や文章力が多少なりとも身に付いてくる。

とりわけ重要な成長は、「自分がどういったブログを書きたいかが見えてくる事」だ。

ブログの方向性

始めた当初は、どんなブログを作りたいなんて事は特に考えていなかった。暇つぶし程度に記事を書いて、そこから収益が発生するといいなぁなんて位にしか思っていなかった。

ただ、100記事書いてきた今、ブログは最早自分の生活の一部になっている。暮らしの中でも、これをブログの記事にしたいなぁなんて事を思い浮かべている。

こうなると、嫌が応にも「こんなブログを作っていきたい」といった感情が生まれてくる。自分が書きたい記事を、今後も書き続けたいと思うようになる。

「100記事を書く」という事

実際に100記事を書いてみて、感じた事がある。

ブロガーがまず行うべき事として「とりあえず100記事を書け」と言われているのは「せめて100記事くらい書かないと、書きたいブログも書けるようにならない」し、「そもそも100記事も続けられない人間は、ブログに向いていない」という線引きになるからだ。

100記事というのはゴール地点ではなく、ブログを書くためのスタート地点である。ここまでコツコツと積み重ねてきた100記事は、全て自分の糧になる。この100記事を通して得た経験とスキルを、今後のブログに活かしていく事ができる。

今後

100記事を書いて、今後このブログを通してやっていきたい事もいくつか見えてきた。

これまでの記事のリライト

100記事書けば、当然ブログを始めた頃からブログの書き方も変わってきている。使用しているテーマも変更したので、過去の記事には読みにくくなったものも有る。

ゆっくりと時間をかけて、ブログの統一感を出していきたいと思う。

ブログのデザイン調整

記事の書き方も落ち着いてきたので、今後はブログのデザインをよくしていきたい。CSSやhtmlについて、学んでいこうと思う。

量より質を重視していく

ブログを始めた頃は、とりあえず質よりも量を意識してブログを更新してきた。これは間違いなく正しい方法で、量をこなす前に質を意識しても、技術が伴わないので時間の無駄である。

100記事は始めにこなす量としても最適だった。今後は方針をガラッと変え、質を意識したブログ作りをこなしていきたい。

それに伴い、これまで心がけていた毎日更新も、フリーにしようと思う。1つの記事に対しても、自分が納得するまで時間をかけて書いていこうと思う。

最後に

100記事を書いたことによって、ブログの今後の方向性や、やっていきたい事が見えてきた。100記事はゴールではなく、あくまでスタートライン。

もしブログをこれから始めようという人がこの記事を見ているのであれば、とりあえずは100記事書く事を意識してほしい。とりあえず手を動かさないと、自分が今立っている位置は、見えてこないからである。

その他ブログ運営関係の記事

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です