【裏技】すぐに出来るカメラが上達する方法。ストラップを首かけ→手首に変えてみた。

カメラを始めて手にしたのは大学に入学した時。それからはずっと趣味としてのカメラマン人生を歩んできた。旅をするときなんかはずっと一緒だった。

カメラが上手くなるためには、当然センスに加えて写真を撮ってきた経験がものを言う。上手くなる、と言うよりは、自分の撮りたい画、ってのが段々と分かってきて、どうすればそれに近づけるのかを理解できるようになると言った方が正しいと思う。

当然使うカメラやレンズによっても撮れる写真は大きく変わってくる。ただ、自分の好きなカメラやレンズに一発で出会うことはやっぱり難しくて、沼にズブズブはまって行く人も多いはず。

機器, 写真, カメラ, デジタル, レンズ, 技術, フォト

だから今回はちょっと別視点から。カメラが上手くなるための裏技。それが、

「ストラップを、『首かけ』から『手首かけ』に変更する」

これだけである。これならば時間もお金も必要無い。

私の今のカメラ。a7iiiに手首ストラップをつけている。

ちなみに私が使用しているものがこちら

他にも色々あるみたい

機動力が圧倒的に上がる

首にかけるストラップの場合、カメラは首からストラップ分の長さしか動かすことが出来ない

iPadに指で描いたから許してほしい。
ペン買おうかなぁ…

これが手首ストラップになると、カメラの機動範囲は完全フリーである

iPadに指d…

写真を撮る場面はいつも突発的に現れるもので、対象が「乗り物」や「動物」なんかだと瞬間的な操作は非常に重要。カメラの機動力は決定的瞬間を写真に収める能力に直結する。

また、機動範囲が限られていると撮りたい角度や位置なんかを調節するのにもかなり不便。手首ストラップにするだけで自分が撮りたい様に撮れるのである。

三脚なんかに乗せる際、邪魔にならない。

通常のストラップだと、カメラを三脚に取り付ける際、なんとなく邪魔になる。スマートじゃない。

iPa…

手首ストラップだと片側にしか付いていないので、かなりスマートになる。

見た目もすっきりして、シンプルでイイ。

手首ストラップにしたことで、カメラの見た目がかなりすっきりした。今までカメラ付属の首掛けストラップを使ってきたけど、なんかこっちの方が完成された形に思えてきた。

首かけストラップはなんかごちゃごちゃしていて、もう普段使いで戻すことはないと思う。

注意。1点で装着するため強度は大事。

首かけストラップと違い1点装着のため、もし千切れたり外れたりすると、カメラを持っていない時であればそのまま落下する

特に一眼カメラみたいな重いものだと負荷はかなりのものになるので、強度の高いストラップを選ぼう。Amazonなんかで検索すると、カメラに取り付ける部分がかなり細いものもあるので、そういった商品はなるべく避けたい。

とにかく、ストラップをつけてるからといってぶらぶらさせず、カメラをしっかり持っておくことが一番である。

以上、手首ストラップの魅力を語ってみた。カメラ好きの皆さんも、ぜひ手首ストラップを使ってみてほしい。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です