「iPad+キーボード」でブログは書けるのか。

iPadを買って約1年が経つ。

今のモデルが発表される前に購入したもので、9.7インチの2018年モデルだ。他のApple製品と違い、iPadで何かやりたい、と明確に目的があって購入したわけではない。使うか分からないけど、あると便利かもしれないと思って思い付きで購入した。

そう、完全にApple信者である。

そんな心持ちで購入したもんだから、やはり行き場を見失ってしまったウチのiPad。動画鑑賞や諸々の作業は、macbook proかiPhoneで事足りてしまうのが現実である。

「iPadを使わなければ出来ない」 そんなシチュエーション、なかなか見つからない。

そこでうーんうーんと考えた。

「iPadでブログを執筆できないか」

iPad+キーボードでブログは書けるのか。

現在のブログの執筆環境

今の執筆環境は、
macbook proで書くか
iPhoneのメモに書いたものを同期するかの2択である。

キーボードの方がフリック入力より自然に文字に起こすことが出来るので、macbook proの方が使用頻度は高い。しかし、どこかに持ち出そうとすると、いくら薄いといえどもまあまあな重さである。

そこでiPadの出番。 パソコンとスマホの間の中途半端な位置取りを活かす。

iPadをブログの執筆用に使用することが出来れば、非常にスマートになる。まずmacbook proよりもはるかに軽量でコンパクト、かつ市販のbluetoothキーボードを使用出来るので、言う事無しだ。

てなわけで期待を持ちながら、iPad用のキーボード付きケースを購入した。

いざ実施

購入したケースを実際に取り付けた様子がこちら。

使用感は?

実際に使ってみる。 うーん。なんだか打ちにくい。

キーボードがiPadサイズなので、キー1つ1つが小さく、かつキュッと狭いのが原因だ。文章を打ち込むことは出来ても、慣れない感覚に多少のストレスを覚える。

また、macbook proとキーの配置が微妙に異なるのも痛い所。日本語と直接入力の切り替えや、Enterキーの位置が違うので、重要なタイミングで誤タッチが発生してしまう。

正直言うと、これだけ使いにくければ多少重くてもmacbook proを持ち運ぶかな、と感じた。

使用場面を考える。

そんなこんなで期待を裏切られた「iPad+キーボード」だが、全てが全て悪いわけではない

今回は「ブログ執筆」と、文章を打ち続ける場面であったため不便といった結果に終わったが、例えば検索ボックスに打ち込む等、ふとした単語を打ち込む用としては全然使用できる。

やはりパソコンよりも軽いというのは大変に魅力的で、外で簡単にブラウジングできるツールとしての価値は依然高いと言えるだろう。

私のiPadの今後

ようやく射した希望の光も、志半ばで潰えてしまったiPad。

正直なところ売却も考えている

Apple信者と言えども、やはり使用するモノしないモノの線引きを引くことも大事だと思う。むしろ信者として、本当に自分に必要な物を知っている事が重要だろう。

もし「iPadにはこんな良い使い方があるよ」って人は、是非教えてほしい。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です