【ミニマリスト】思い切って服を大量に捨てた結果。メリット・後悔は?

先月、こんな記事を書きました。

ミニマリストを目指す最初の1ステップとして、おすすめなのが「服」ですよ、という話でした。この時既に服を結構手放していたんですが、今回は更に思い切って所持している大半を処分しました。

(服の処理はちょっと面白い方法を使ったので、また記事にしたいと思います。)

【ミニマリスト】思い切って服を大量に捨てた結果。
メリット・後悔は?

メリット

先ほどこんなツイートをしました。

不要な服を捨てた事によって、次のようなメリットがありました。

1. 新しい服を買おうと言った物欲が抑えられた。
2. どうせ買うなら良いものをという考えになった。

物欲の原因は、「不要な物が目立つ」環境

まず、不要な服を捨てた事によって明確に物欲が減りました。

なぜ物欲が減ったのか、というのを自分なりに考えていたんですが、これまでは「不要な物が目立っていたから」だなあと思いました。

人の趣味は結構偏るもので、所持している服が多いと、どうしても着なくなる服が存在します。多ければ多いほど、着ない服も増えます。

するとどうしても、不要なものが目立つ=本当に必要なものを持っていない 感覚に陥るんですよね。結果的に新しいものが欲しい、といった物欲に繋がるんじゃないかなぁと思います。

物を減らすと?

では、物を減らすとどうなるかを考えてみましょう。

不要なものを減らす事で、当然本当に必要なものが目立つようになります。「自分は必要なものを持っている」に変わり、現状に満足する事が出来ます。

更なるメリットとして、「無駄な物を買わなくなる事」が挙げられます。必要なものだけが残った状態ですので、新しく買うものはこれより良いものを選ぼうとします。結果的に新しい物を買う際に慎重になり、無駄なものにお金をかけるリスクが減ります。

手放した服への後悔は?

服を手放す前に一番心配だったのは、あの時手放さなければ良かった…とならないか、でした。

で現在。実際どうかというと、全く後悔していません。0です。

とにかく大事な事として、未練を感じたり、執着してしまうのは、実物が目の前にあるからです。これを一度手放してしまうと、それらの感情は嘘のようにストン、と消え、意識は新しく追加するものに向けられます。

物を手放す際に一番の障害になるのは、この「ありもしない後悔」になります。ここを乗り越えられるかどうかで、不要なものに囲まれ続ける負のスパイラルから抜け出せるかが決まります。

大事なのは最初の一歩。少しずつでも良いので、身の回りの「不要かもしれないもの」を考える習慣を身につけるようにしてみてはいかがでしょうか。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です