おすすめ家計簿アプリ「MoneyForward」の紹介。

昨日、下の記事を書きました。

その中でダウンロードしてみた家計簿アプリ「MoneyForward」。

水野涼

こいつがマジで凄かった…

おすすめ家計簿アプリ「MoneyForward」の紹介。

家計簿アプリって?

一般的な会計簿は手で付けるタイプですよね。

ただ最近は、技術の進歩で「会計簿アプリ」なるものが色々作られています。

実は数年前、お金の管理をしようと思って家計簿アプリを使っていた頃がありました。その時にダウンロードしたのはアプリ上で使った金額を打ち込んでいくもの

ダウンロードした時こそコツコツ付けられていたんですが、いちいち打ち込むのが面倒くさくなって続かなかったんですよね。

水野涼

ただ、あれから時代は変わっていました…

私がダウンロードしたのは「MoneyForward」。

ダウンロードしたのは「MoneyForward」。昔と比べると、驚きの進化を遂げていました。

銀行、証券、Amazon、Suicaや電子マネーなど、なんでも一括管理。

MoneyForwardの凄いところは、銀行や株式証券、ネットショッピングサイトや電子マネーなど、お金が動くほぼ全ての機関を一括で管理可能なところ。

いちいち打ち込まなくても、アプリ上で全資産額、および資産変動を確認することができます。

昔と比べてキャッシュレス化が進んだこともあって、銀行や株式など、僕の資産は大半がデータとして管理されていますので、結果的にほぼ全財産をMoneyForward中で管理できています。

現在登録中の機関

水野涼

私が現在登録している機関は以下の通り。

ゆうちょ銀行
クレジットカード
・モバイルSuica
・LINE Pay
・Amazon(利用額、Amazonポイント)
・SBI証券
・野村證券
野村證券持ち株WEBサービス
・UQモバイル(利用額)
・自分の財布

これでほぼ全ての資産を管理できています。

中でも役に立っているのが、ゆうちょ銀行、クレジットカード、持ち株WEBサービス。

ゆうちょ銀行はこれまでゆうちょダイレクトのアプリを使って資産確認をしていたんですが、iOSをアップデートしてから開くことさえできなくなりました。大変困っていたんですが、MoneyForwardで確認できるように。登録しておけば下手な認証なしで一瞬で確認できるので、非常に重宝しています。

クレジットカードも使用額をアプリで確認していましたが、毎回ログインしないといけませんでした。MoneyForwardに登録してからは一瞬で確認できるように。

そして最後。持ち株WEBサービスまで登録できるとは正直驚きでした。

これまで複数のアプリで確認していたのがこれ1つでOK。本当に素晴らしいです。

MoneyForwardプレミアム

MoneyForwardには月額500円でプレミアムverもあります。

金融機関の登録数の際限がなくなったり、連携先のデータを常に最新の状態に更新出来るようになります。1ヶ月間の無料キャンペーンもるので、一度試してみては。私は年払いにしました。

最後に

いかがでしたでしょうか。過去に家計簿アプリを試して辞めてしまった人も、ぜひ1度ダウンロードしてみることをおすすめします。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です