マイナーだけど味がある『県立名古屋空港』【愛知県西春日井郡】

一つ前の記事では、名古屋空港に隣接するあいち航空ミュージアムについて書いた。今回はその続きになるので、まだ読んでいない方は是非目を通して欲しい。

セントレアの開港に伴いすっかり陰となった県営名古屋空港だが、大型ショッピングモールのエアポートウォークや記事にした航空ミュージアムなど、遠方からも多くの人が訪れる人気スポットが隣接している。

今回は航空ミュージアムを訪れた後、実際に名古屋空港に行ってみたので、まとめていこうと思う。

マイナーだけど味がある『県立名古屋空港』

エアポートウォークから車で5分程

エアポートウォークの駐車場を出て、空港の駐車場へ向かった。有料の立体駐車場が空港前に建っている。

飛行機が近い展望台

空港に入ると搭乗口の他に、お土産屋さんやレストラン、カフェ等が立ち並ぶ。しかし、おすすめは滑走路が見える展望台だ。

搭乗口が見える

あいち航空ミュージアムでも展望台はあるが、こちらは入場料がかからない上、搭乗口の真上に位置している。そのため、大きな飛行機をより近くで見ることが出来る。旅を終えた人達の雰囲気を味わうことが出来るのも、また一興だ。

また、前室のモニターで飛行機の離陸時間を確認することが出来る。寒い日でも前室の椅子に座って離陸時間を待つことが出来るので安心だ。

撮影写真(明るい時間)

撮影写真(暗い時間)

個人的には完全に暗くなるちょっと前の時間帯が、なんとも言えず切ない味わいが出て凄く好きだ。人も少なくなってくるのでおすすめ。

また体が冷えてしまったので、1階のレストランに行って唐揚げ定食を食べた。受付のお姉さんがマヨネーズいりますかと言ってくれたが、健康意識から「ありがとうございます大丈夫です」とお返ししてしまった。

詳細

撮影機材

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です