人生を最適に。私と、PRESSo。

新しく財布を買った。

これまで使っていたのはPORTERの長財布。数年前に購入し、常にカバンや後ろポケットに入れて持ち運んでいたが、壊れることなく今日まで働いてくれた。目立った傷もなくまだまだ現役で使えるのだが、今回思い切って新しい財布を迎えることにした。

財布を買い替えようと思ったきっかけは、キャッシュレス化が進んだ現代において、現金を使用する機会がめっぽう減ってきたため。コンビニやスーパーでは携帯を使ってキャッシュレスで会計。ネットショッピングも専らクレジットカード支払いである。

財布を取り出す機会があまり無いのに、大きな長財布を持ち歩くのも非効率的ではないかと思っていた矢先、目についたのが、この「PRESSo」だった。

人生を最適に。私と、PRESSo。

株式会社drip

PRESSoは、株式会社dripが販売している「キャッシュレス時代の理想の財布」である。

monograph」を運営する堀口英剛さんと「DRESS CODE.」を運営する平岡雄太さんが代表を務めるdripは、「自分たちが本当に欲しいモノ」を追求するマーケティング会社。

堀口さんのYoutube動画↓

平岡さんのYoutube動画↓

PRESSo以外にも「Leather MacBook Case」や「最小の小銭入れ CHIP」など、細部までこだわりが見られる製品が色々生み出されている。興味のある方は是非チェックして頂きたい。

株式会社drip HP ▼
(https://drip.co.jp)

外観

今回選んだカラーはブラック。 PRESSoには色々な革、色のバリエーションが取り揃えられており、自分のニーズに合う製品を吟味して選ぶことが出来る。(最近、高級な革素材を用いたPRESSoが発売されたみたい。)

非常に薄い作りになっており、スマホ感覚でポケットに入れても邪魔にならないのが嬉しい所。購入したばかりで革が硬さを感じるが、使っている内に馴染んで柔らかくなるようだ。

内観

3つ折り構造で、三面上部全てにカード類の収納、真ん中の小銭などを入れられるフタ付きの収納、右手のお札などを挟めるクリップ部から構成されている。たったこれだけのシンプルな作りだが、必要最低限の機能を兼ね備えている。無駄のない洗練されたデザインがこのPRESSoの最大の魅力だ。

中に収納してみる

僕のPREssoの使い方はこんな感じ。

カード類は免許証、クレジットカード、キャッシュカードの3枚。ここに保険証も入れておきたいのだが、革が馴染むまでは1ポケットに1枚が推奨されていたのでとりあえずの構成。1ヶ月程度は3枚でいこうと思う。

前の財布では収納部が多かったため使用頻度の低いカードも入っていたが、PRESSoを購入して、改めて考え直してみるいい機会になった。

現金は百円玉と一万円札。基本現金は使うことが無いので、何かあった時のお守り感覚。直近どこで使ったかなと考えると、自動販売機くらいだった。

何度も言うが、まだ革が硬いのでカードを入れると自重で閉まらなくなる。今日からゆっくり育成していこうと思う。リュックのふとした収納に入るので、入れる場所を決めておけば財布がどこにあるか探すことも無くなるだろう。

#PRESSo育成中

twitterで「#PRESSo育成中」のハッシュタグで検索すると、PRESSoユーザーのエイジングや様々使い方を見ることが出来る。購入を考えている人は、実際に使っている人の生の声が見られるのでオススメ。

最後に

今回は株式会社dripから販売されている「PRESSo」について紹介した。キャッシュレス時代に最適なミニマルな折りたたみ財布、気になった方は是非dripのHPに足を運んでみてはいかがだろうか。

株式会社drip HP ▼
(https://drip.co.jp)

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です